『イチケイのカラス』見逃し配信を全話無料視聴できる動画配信サービス

月9ドラマ『イチケイのカラス』を全話無料視聴できる動画配信サービスドラマ見放題

2021年春の月9ドラマ『イチケイのカラス』を無料視聴できる動画配信サービスを紹介します。

 

無料視聴できる動画配信サービス
サイト配信状況特徴
FODプレミアム2週間無料*
最大900ポイント付与
※AmazonPay払いで月額2週間無料

 

\2週間無料/

※無料体験中に解約で完全無料!

 

スポンサーリンク

月9ドラマ『イチケイのカラス』を無料視聴できる動画配信サービス

サイト配信状況特徴
FODプレミアム2週間無料*
最大900ポイント付与
Tver
(最新話のみ)
無料
Hulu×2週間無料
Paravi×2週間無料
TELASA×15日間無料
ABEMAプレミアム×2週間無料
U-NEXT×31日間無料
600ポイント付与
music.jp×30日間無料
1,600ポイント付与
TSUTAYA TV×30日間無料
1,100ポイント付与
2021年4月5日時点
*AmazonPay払いで月額2週間無料

 

FODプレミアムで配信中の人気作品

2021年冬ドラマ

作品名主演
監察医朝顔上野樹里
人気作品
知ってるワイフ
大倉忠義
人気作品
青のSP―学校内警察・嶋田隆平―
藤原竜也
その女、ジルバ池脇千鶴
FODオリジナル
シンデレラはオンライン中!
中村里帆
瀬戸利樹

2020年秋ドラマ

作品名主演
人気作品
ルパンの娘2
深田恭子
DIVER -特殊潜入班-福士蒼汰
姉ちゃんの恋人有村架純
FODオリジナル
30禁 それは30歳未満お断りの恋。
松井玲奈
FODオリジナル
フェイクラブ
梅田彩佳

 

\2週間無料/

※無料体験中に解約で完全無料!

 

ドラマ『イチケイのカラス』について

放送日時月曜よる9時
放送局フジテレビ
放送開始日2021年4月5日(月)
最終回未定

 

キャスト

竹野内 豊(入間みちお)
黒木 華(坂間千鶴)
新田 真剣佑(石倉文太)
山崎 育三郎(井出伊織)
桜井 ユキ(浜谷澪)
水谷 果穂(一ノ瀬糸子)
中村 梅雀(川添博司)
升 毅(城島怜治)
草刈 民代(日高亜紀)
小日向 文世(駒沢義男)

 

あらすじ

 入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。
そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。
そのイチケイに、若くして特例判事補になったエリート・坂間千鶴(黒木華)が赴任することになった。東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。坂間がイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだった。
駒沢は、さっそく坂間にみちおと組むよう指示する。みちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件は、大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)に全治1ヵ月のケガを負わせた傷害事件だった。実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。洋一郎は、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込んで自殺を図っていた。
検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張した。するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせる。
引用:『イチケイのカラス』公式HP
 みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われた。坂間(黒木華)は、2打席連続ランニングホームランの井出を迎えた投手のみちおに対し、敬遠すべきだと主張する。しかし、みちおは、0.1%でも可能性があるなら勝負がしたいと言い出し……。
その夜、坂間は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)から呼び出され、あるパーティーに出席する。そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。
そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。だが瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で……。
引用:『イチケイのカラス』公式HP

 

本記事のまとめ

 

無料視聴できる動画配信サービス
サイト配信状況特徴
FODプレミアム2週間無料*
最大900ポイント付与
※AmazonPay払いで月額2週間無料

 

\2週間無料/

※無料体験中に解約で完全無料!

 

タイトルとURLをコピーしました